11 while 文

| コメント(0)
while (条件式) 
{
    成り立っている間のループの処理
}                //ここで while  に戻る
while
while.bmp 文は、条件式が成り立っている間だけ、永久にループしています。
for 文と違い、カウンタが無く、繰り返す回数が分からない時に使用します。

サンプル
public class A {
public static void main(String[] args) {
int a = 0;
while (a < 4) {
a = (int)(Math.random() * (4+1));  // 4以下の乱数を生成
                        System.out.println(a);
}
}
}

0から3までなら永久にループしますが、4ならストップします。

問題11
問題7の for文を while文に置き換えてみよう。
   問題7 数字の 3 から 10 まで順に表示するプログラムを作ってみよう。
           3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10
---------------------------------------------------------------------------------------------------
public class A {
public static void main(String[] args) {
int i = 3;
while (i <= 10) {
System.out.println(i);
i++;
}
}
}

do while 文もある。
大きな違いは、条件式に関係なく、一度だけループ処理が行われる。
簡単に言えば、先にチェックをするか?後にチェックをするか?の違いである。
dowhile.bmp
public class A {
public static void main(String[] args) {
int i = 3;
do {
System.out.println(i);
i++;
} while (i <= 10);
}
}

この場合だと、int i = 3; を int i = 15; に置き換えても 15 は表示され、終了する。
 
備考 while文を使うと入力ミスによって無限ループによく陥る。止め方は「Ctrl + C」(コントロールキーとCを同時に押す) 

コメントする